読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かもしのピアノ

毎日テーマに沿ってピアノ曲とエッセイ

20/04/2017『Cathedral 大聖堂』#かもし(Original Piano オリジナル ピアノ)


20/04/2017『Cathedral 大聖堂』#かもし(Original Piano オリジナル ピアノ)

 

 

『Cathedral 大聖堂』


カセドラル


かっこいいよね響きが
中々馴染みがない響き


そしてまたまたカーヴァーなのです


この作品はちょっと特殊で
もちろんすげーいいんだけど
なんか霊感染みてるところがあるんだよね

カーヴァーらしさはあるんだけど
カーヴァーらしくないところもあるというかなんというか

 

ちなみに、「私」の最後の一言

「"It's really something," I said.」を春樹さんは

「『たしかにこれはすごいや』と私は言った」

と訳してたんだけど
『Carver's Dozen レイモンド・カーヴァー傑作選』(1994年)版のみ

「『まったく、これは』と私は言った」


に代えてる

これはwikiにも書いてあるんだけども
一応どっちも読んだお


こういう細かいところがプロだなあって感じ
良い書き手ってのは良い翻訳者でもある訳だねえ


個人的には後者の方が好き


さて引用して終わるよ!

 

あらすじを中公文庫版から引用
ネタバレ注意

 

「私」の妻の知り合いの盲目の黒人が家に泊まりに来ることになった。
盲人、そして黒人に対して偏見のあった私だが、来てみるとかなりユニークな人物で、調子が狂ってしまう。
一緒に食事をしたり煙草や大麻を吸ったりするうちに、私はこの盲人についてとらえどころのない不思議な感情を持つようになる。
テレビではちょうど中世ヨーロッパの教会についてのドキュメンタリー番組が放映されている。
そこに大聖堂が映し出される。
大聖堂について盲人に説明しようとする私だが、口ではうまく説明できない。
「2人で紙に絵を描いてみよう」と盲人は提案する。
私の手に彼が自分の手を添えて、一緒に大聖堂を描き終わったとき、生まれてこのかた味わったことのない感覚が到来する。
私は「まったく、これは」という言葉をもらす――。

 

 

ま、こんな感じ

 


f:id:satorukamoshida:20170325023238j:image

 


おすすめ https://youtu.be/7sxP3vvrc-8?list=PLNiy3SEqspuAC3-bQdEItVmjNEYt9jdye


鴨志田怜
HP https://satorukamoshida.wixsite.com/satorukamoshida
Twitter https://twitter.com/s_kamoshida
Instagram https://www.instagram.com/piano_of_kamoshi