かもしのピアノ

毎日テーマに沿ってピアノ曲とエッセイ

23/04/2017『The Witch of The West Is Dead 西の魔女が死んだ』#かもし(Original Piano オリジナル ピアノ)


23/04/2017『The Witch of The West Is Dead 西の魔女が死んだ』#かもし(Original Piano オリジナル ピアノ)

 

 

『The Witch of The West Is Dead 西の魔女が死んだ

 


ずいぶん昔に読んだなあ

 


完全に作家女の人だろうなと思ったら
やっぱり女性だった

梨木 香歩さん

絵本とかも書いてるらしいけど
これ以外読んだことないな

映画化もされてると今知ったわ

まー好かれそうな内容だもんな
一定のファン層ありそう

 

さ、wikiからあらすじコピペだよん

 

まいの元におばあちゃんが危篤だと連絡が来る。
おばあちゃんの家に向かう車の中でまいは、
おばあちゃんと過ごした2年前のことを思い出す。

まいは中学校に入学したばかりの頃、
不登校になってしまい、
しばらくの間、
おばあちゃんの元で2人で暮らしていた。
そこで、
まいは「魔女」になるための修行をすることになる。
その修行は、
「なんでも自分で決めること」だった。

魔女になるための修業として、
規則正しい生活・ジャムを作る・自然と触れ合い、
お気に入りの場所を作るなど、
概ねは順調だった。
しかし、
おばあちゃんの知り合いのゲンジさんに、
まいは嫌悪感を覚える。

魔女修行から3週間ほどたった朝、
おばあちゃんの家の鶏小屋が荒らされていた。
その日の夜、
鶏の死に関連して人が死んだらどうなるか、
という話題になる。
おばあちゃんは魂が身体から離れて自由になることとまいに言い、
おばあちゃんが死んだときまいに教えるという約束をする。

ある日、
ゲンジさんがまいのお気に入りの場所の境界のところを耕している場面に遭遇してしまう。
動揺したまいはおばあちゃんに対してゲンジさんを罵倒する。
それに対しておばあちゃんはまいの頬を打ってしまう。
この時の確執が解けることのないまま、
まいはおばあちゃんと別れ両親と一緒にT市に住むことになった。

2年後、
おばあちゃんが死に、
まいたち家族はおばあちゃんの家に行く。
結局わだかまりを解消できないままだったことをまいは後悔する。
しかし、
以前に約束したおばあちゃんが死んだときの約束の痕跡を見つけ、
まいは泣きながら「おばあちゃん、大好き」と呟く。

 

 

ま、こんな感じ

 


f:id:satorukamoshida:20170419150416j:image

 


おすすめ https://youtu.be/7sxP3vvrc-8?list=PLNiy3SEqspuAC3-bQdEItVmjNEYt9jdye


鴨志田怜
HP https://satorukamoshida.wixsite.com/satorukamoshida
Twitter https://twitter.com/s_kamoshida
Instagram https://www.instagram.com/piano_of_kamoshi