かもしのピアノ

毎日テーマに沿ってピアノ曲とエッセイ

17/05/2017『Dabchick かいつぶり』#かもし(Original Piano オリジナル ピアノ)


17/05/2017『Dabchick かいつぶり』#かもし(Original Piano オリジナル ピアノ)

 

 

『Dabchick かいつぶり』
 

村上春樹さんの短編
 

カンガルー日和」の中の1つみたいなんだけど
自分は「はじめての文学」でこれを読んだ
 
 
いやー大作読むのもいいんだけどさ
最近短編にもっぱらハマってる
なんというか作者と距離が近い感じがするんだよね
 
大作は丁寧に磨いて組み立てられた完成品を
これでどうだと見せつけられてる感じがするんだけど
短編は実験的だったり
書きたいから書いている感じのものだったりで
なんというか人間臭いって表現はあまりにチープだけど
ま、なんとなくわかるでしょ?
 

ちなみにこの「はじめての文学」は名前の通り年少者向けの作品集で
作者が自分の過去の作品をテーマに沿ってチョイスしてるみたい
他にも村上龍さん、よしもとばななさん、宮部みゆきさん等々全12名の方がそれぞれ出してるんだと
 
 
楽しそう~
 
 
ところでかいつぶりってなんなの?
 
 

Wikiよりあらすじ
 
 
200メートルか300メートル、いや1キロは歩いたかもしれない。
コンクリート造りの狭い階段を下りた先の長い廊下を「僕」はひたすら歩き続けた。
突然T字路につきあたった。
今日はやっとみつけたうまい仕事の最初の出社日である。
この仕事は楽だし、給料は目玉が飛び出るほど良い。
ともかく葉書に書いてあるとおりドアを見つけるしかない。
十円玉を放り上げ、表が出ると右側の廊下を進んだ。
なんとかドアに辿り着き、ノックをすると中から一人の男が姿を現した。
男は合言葉が必要だと言う。
それがないと誰も通すことができない。
ヒントをもらえないかと頼むと、男は「それは禁じられてるんだ」と言った。
しかししばらく迷ってから、小さい声で「僕」にヒントを耳打ちした。
 
 

ま、こんな感じ
 
 

f:id:satorukamoshida:20170425190608j:image
 
 
 

おすすめ 

kamoshi-bgm.hatenablog.com

 
 

活動継続の為ポチッとしてやってください

押すと幸せになります(霊感商法)