かもしのピアノ

ピアノBGMとエッセイを毎日21時に

18/05/2017『A Perfect Day for Kangaroos カンガルー日和』#かもし(Original Piano オリジナル ピアノ)


18/05/2017『A Perfect Day for Kangaroos カンガルー日和』#かもし(Original Piano オリジナル ピアノ)

 

 

『A Perfect Day for Kangaroos カンガルー日和
 

これまた村上春樹さん
 

ま、先日と同じ流れですわ
「はじめての文学」の中にカンガルー日和も入っててね
 

しかし短編は後の大作に出てくるモチーフや断片が出てくるから面白い
実験的に書いてみて使えるものがあったら後に使う
みたいな
大作はまさしくコンポジション
それらを駆使していかに考えて構成してるかってことがわかる気がする(ざっくり)
 

カンガルーとはまた別の短編なんだけど
羊男が話に出てきたときは笑ってしまった
いやー羊男って単語だけでも
もういかにも村上春樹って感じでさ
でもそれってよく考えたらスゴいことだよね
 
 
ちなみにこのカンガルー日和ってタイトルは
サリンジャーの短編小説
"A Perfect Day for Bananafish" をもじってるみたいです
「バナナフィッシュにうってつけの日
「バナナフィッシュ日和」
ってね
 

なんかさ
本読むとそれに関連してたり
出てきて気になるものキーワードから
また次の本を読んじゃう
カーヴァーから村上春樹チェーホフヘミングウェイ
お次はサリンジャーですか
 

連鎖が止まらなくて困っちゃうんだけども
どうしてくれるの春樹さん
 
 

またまたあらすじはwikiから
これは実験的でもなくて
なんてことはない日常系
だけども??
 
 
「僕」と彼女は一月前の新聞の地方版でカンガルーの赤ん坊の誕生を知った。
動物園には今、一匹の雄と二匹の雌と生まれたばかりの赤ん坊の四匹のカンガルーがいる。
カンガルーを見るための朝はやってきた。
「僕」と彼女は朝の六時に目覚め、窓のカーテンを開け、それがカンガルー日和であることを一瞬のうちに確認した。
 
二人は電車に乗って動物園へ出かけた。
カンガルーの赤ん坊は新聞の写真で見たよりずっと大きくなっていて、元気に地面を駆けまわっていた。
父親カンガルーは才能が枯れ尽きてしまった作曲家のような顔つきで餌箱の中の緑の葉をじっと眺めていた。
残りの二匹の雌はどちらも同じような体つき、体色、顔つきである。
どちらが母親だとしてもおかしくはない。
「僕」が売店でホットドッグとコーラを買って戻ると、赤ん坊カンガルーは母親の袋の中にもぐりこんでいた。
 
 

ま、こんな感じ
 
 

f:id:satorukamoshida:20170425190704j:image
 
 
 

おすすめ 

kamoshi-bgm.hatenablog.com

 

 

活動継続の為ポチッとしてやってください

押すと幸せになります(霊感商法)